1. クリニックサンプル4

  2. クリニックサンプル3

  3. クリニックサンプル2

  4. クリニックサンプル1

19.パートナーシップを笑顔にする運動習慣

パートナーシップを笑顔にする運動習慣

パートナーシップを笑顔にする方法ってなんだと思いますか?
運動や体を動かすことによって笑顔になるパートナーシップについて

運動習慣で作る幸せホルモン

”幸せホルモン”って聞いたことある人が多いと思うんですが、実際何から作られていくホルモンか知っていますか?

 

セロトニン
オキシトシン
ドーパミン

この3つのホルモンが有名な幸せホルモンです。

特に運動と関係するのが”セロトニン”

セロトニンはほとんどが腸内で作られるため、この幸せホルモンを増やすためには
運動、特に腹筋(お腹)を使う運動が大切になってきます。

【腹筋(お腹)を使う運動色々】

■クランチ(腹筋運動)

■プランクなど(体幹運動)

■ヨガで腹筋を使うポーズ→
ダウンドッグ・戦士のポーズ・バランスポーズ・体側を伸ばすポーズetc・・・
ヨガは基本的にお腹を使うポーズが多いです。

■筋トレ全般→

筋トレは全体的に腹筋を使います。使わなければフォームが崩れる。
なのでプチ筋トレをセルフケアに入れていくのが簡単に運動ができて幸せホルモンが分泌されて最高です。

日々適度な運動をする事で幸せホルモンをたくさん作って日頃のパートナーとの
関係も良好にしたいですね。

運動をすると成長ホルモン、別名”若返りのホルモン”も分泌されるので、
両方揃えば無敵の美容と愛情ホルモンです。

また、姿勢や体を整えることで気持ちも前向きに、ポジティブな思考になるので
よりパートナーシップが快適で幸せなものになりますよ。

食事がもたらす幸せホルモン

次にパートナーシップを笑顔にする食事。

この食事に関係するホルモンが”ドーパミン”

ドーパミンは乳製品に含まれるカゼインという成分で多く分泌することができるため、チーズなどのたんぱく質がそのまま摂れるものが一番効果的にドーパミンを分泌させることができます。

また、先ほどのセロトニンの分泌にも影響を与える”大豆製品”も一緒に摂ってみましょう。大豆製品は腸内環境を整えるのと同時にカゼインも多く摂れる抜群食品。

【大豆製品】

■納豆
■豆腐
■豆類
■おから

など。

大豆性のたんぱく質は筋肉や髪、爪などを作るのにも大切な成分なので
動物性たんぱく質と一緒に積極的に摂りたいですね。


◇たんぱく質についての記事はこちら→4.たんぱく質ってなに?

 

おまけ

笑顔を作るパートナーシップでお奨めのパートナーシップがペアトレーニングや
ペアストレッチ。

結婚式をされている方は式中のケーキ入刀なんかを経験されているかと思いますが、
共同で何かをするというのは運動も同じで、同じできごと、境遇を共有することは
パートナーシップを笑顔に導いてくれます。

週末の朝や平日の夜寝る前などのちょっとしたスキンシップとして取り入れてみては
いかがでしょうか?

◇ペアトレーニング、ペアストレッチは週末にInstagramのストーリーに毎週アップしています。見てみて下さいね↓

 

まとめ

パートナーシップを笑顔にする運動習慣は腸内環境などとも関わる食事との関係性も
大きな幸せ習慣。

人間の三大欲求【食欲・睡眠欲・性欲】

睡眠や性欲は運動ともイコールで、体力も伴うもの。
運動も睡眠不足でおこなうとパワー不足で逆にエネルギーが奪われてしまったりもするので
睡眠もしっかりとって日々の運動習慣を付けてみてくださいね。

そして食欲はそのまま腸内環境と繋がりますね。

食事は3大栄養素(5大栄養素)を大切にバランスの良い食事を心がけて
上でもお伝えしました食品も積極的に摂って快適で幸せホルモンの溢れる
パートナーとの生活を楽しんで下さいね♪

◇5大栄養素にのビタミン・ミネラルついてはこちら→5.ビタミンの成分・効果