1. クリニックサンプル4

  2. クリニックサンプル3

  3. クリニックサンプル2

  4. クリニックサンプル1

35.新しい社会、企業の女性の心身サポート

女性の身体と心(ホルモンバランス)の変化 新しい社会、企業の女性の心身(ホルモンバランス)サポート

”女性ホルモン”

このホルモンと身体・心との関係性とは?
運動や食事との関係性、そして今社会と企業が取り組むべき社会で活躍する女性のサポートについて解説。

女性も男性も知っていたら絶対今よりもっと快適に・・・
企業の業績もUPする!

 

女性ホルモンの種類

 ◆代表的なホルモン◆

①エストロゲン→”生理期〜卵胞期”にかけて分泌され心身ともに調子の良いポジティブになる時期に分泌されるホルモン。

②プロゲステロン→娠に適した身体になる時期”黄体期”と呼ばれる時期に入る時に多く分泌されます。このホルモンが分泌される時期は心身ともに不調になりやすい時期。

黄体期の前には”排卵期”がありこの時から少しずつ不調が現れてきます。


この2つのホルモンが月に4度に渡って繰り返して分泌されるため女性の心身は不安定で崩れやすくなります。


男性には決してないこの周期と共に現代の女性たちは社会で活躍し、家庭を守り、子育てをし、

自分自身の”美と健康”も守っています。

1日24時間、そして月30日の1/4は自分なのかどうなのかという自分でも分からない状態でこれだけのことをこなしているんです。

これって凄いことだと私は思っています。

 

社会で活躍する女性のヘルスリテラシー

Womans strong/Womans Health
”女性は強い・女性の健康”

現代社会において女性の活躍、健康、精神バランスを守る事は社会や企業にとっても
必要なこと

ここでは実際に社会で活躍する女性たちが女性特有の健康問題、課題、
社会で働く際に影響すると考えていることをpickしています!
※下記資料参照

 

◆健康経営による女性の健康課題への対応(経済産業省調べ)

※女性特有の月経随伴症状による労働損失→4,911億円
女性の健康サポートとヘルスリテラシーUPで企業の業績UPに繋がる!


◆女性従業員が抱える健康課題と仕事への影響(経済産業省調べ)


※従業員、管理者ともに月経関連、PMS(月経前症候群)メンタルヘルスが上位に。

女性特有の症状とメンタルケアサポート、ヘルスリテラシーUPで企業の業績UPに繋がる!

◆今後求められる女性の健康施策、企業の健康経営の効果(経済産業省調べ)


このデータを見るだけでも女性特有の健康問題がどれだけ社会に、企業、仕事にとって重要かが分かります。

けれど実際に取り組んでいる企業は少ないことが現実です。


ではどうしたらこの問題を解決する事ができるのか??

すでに健康経営には取り組んでいる企業様は増えてきているのは事実。
けれど女性特有・・・その問題に正面から向き合えている企業は少ないなと私自身調べたり、実際に企業様へのご案内にてお話を伺った際に感じたことです。

 

今社会・企業に必要なこと

上のデータでも分かる様に女性特有の健康問題が社会で少しでも解決すれば、女性社員の就業率、
企業の業績もUPする事が分かります。

けれど企業や女性自身も”何をすればいいのか”
そこがまずネックになっているのではと私は考えました。

どうしたらこの問題を解決する事ができるのか。
私にできる事は何かと考えた時、まず思いついたのは
”企業の従業員の人が任意で選べるオンラインサロン”を広めていこう!
ということ。

なぜ”任意”

私自身ずっと企業=福利厚生と考えていました。

もちろん福利厚生としての取り組みの方が企業としてのサポート体制もしっかりしている様に思えるし
活用する社員も増えるのでは?と思いがちです。

けれど企業の仕組みや業務体制によっては平等に福利厚生を利用してもらう事が難しい。
という企業様のお話もありました。

そして実際に福利厚生を本当に利用しているのかというとそこもすごく微妙な所なのです。

ジムに正社員で勤務をしていた時に法人企業様向けの福利厚生の提案をして利用頂いていましたが、
実際にそのサービスを利用するのは全従業員のうち約10%程度・・・

会社が準備してくれる→本人の意思ではない

ここが一番の問題点だなと私は考えました。

運動や健康管理は病気になって命の危機を感じる事で初めてやる気を出すか、
以前から気づいていてもやるかやらないかは自分の意思次第なんです。

特に福利厚生という個人に金銭的負担のないサービスはなかなか従業員のやる気スイッチも
入らないのが現実。

そこで、企業側からの提供ではなく、従業員の方が自ら選んで通常よりはお得に、お財布にもそこまで負担なく利用できるサービスがあったら利用するのではないかと考えました。

そして企業側の考える平等というお悩みも解決する事ができる。

✔︎女性社員のヘルスリテラシーアップに繋がる
✔︎運動するきっかけのなかった社員の第一歩になる
✔︎企業からの健康促進にもなる
✔︎企業には金銭的にも業務的にも負担なくサービスを利用できる


◆NewMyStyleが考えたオンラインサロンの仕組み◆

①月額¥980で参加したい人だけ参加できるオンラインサロン
②週に1回グループレッスンに参加できる(平日朝or土日どちらかの朝から1回)
③セルフでもできるストレッチ、トレーニングの動画見放題(サロン会員限定のグループLINEにて)
④希望者限定で月に1回のオンラインカウンセリング(15分)無料
⑤パーソナルトレーニング(オンライン、対面(東京都内、茨城限定))ご希望者へはサロン会員限定価格にてご案内

とまずはこんな形からスタートしていこうと思っています!

グループレッスンのトレーナーは私含め同じ感覚でご提案のできるメンズトレーナーたちにも
レッスンを受け持ってもらおうと思っています。

NewMyStyleのコンセプトと強みは『数年後にも残るボディメイク』
これには外見だけではなく数年後の身体の中、つまりは健康面の事も含めています。

そして強みはリピート率90%の続けられる習慣作り

この強みを最大限に活かして現代社会で活躍する女性たちの健康(心身)サポートをもっと広げていきたいと思っています。

女性の美と健康
運動と食事の意識と習慣作りでヘルスリテラシーUPと今よりも元気で快適な心身を!

そして日本企業の業績UPへと。

 

まとめ

女性ホルモンと女性の心身
そして今現代の社会と企業が取り組むべきこと

”私が広めていきたいこと”

✔︎女性自身も男性も企業も女性の心身の変化を知りヘルスリテラシーをUPすること
✔︎福利厚生の在り方を見直していくこと→会社が用意するのではなく社員自ら選択できる
サービスを
✔︎自主的に運動習慣を付けていく仕組みを各企業が持つ事で女性社員の就業率のUPと維持、
それに伴って企業の業績をUPすること

女性が女性特有の心身の悩みによりやむ負えず仕事をセーブしたり我慢する事が
減る社会へ

◆少しずつこの活動を広めて認知して頂き女性の社会でのストレスが軽減されてキャリアを積んでいける、好きな仕事を続けられる世の中にしていきたいです。